大手銀行系のキャッシング

健全なイメージの銀行系キャッシング

銀行と提携し健全なイメージに

キャッシングと言えば、今までのイメージとしては、どうしてもダーティで金利もとても高く、さらに返済に少しでも遅れると取立ても厳しい、怖い、というイメージがあったかもしれません。

 

でもそれは今は昔の話、現在のキャッシングサービスは想像以上に利用しやすく健全なイメージになっています。
そのように、キャッシングのイメージが変わりつつある理由はどこにあるのでしょうか。

 

サラ金のイメージからの脱却

その理由の一つに、今までサラ金などと呼ばれていた消費者金融系のキャッシング業者が、大手銀行などと協力をしタッグを組んでいるところにあります。

 

銀行の借り入れと言えば、時間がかかる、手続きが面倒、大変な割には審査も厳しいしなかなか借りられない、ということで特にスピーディさを求める利用者からは敬遠されてきました。

 

 

このように、銀行から融資を受けるという敷居の高いのイメージを払しょくしたい銀行側と、どちらかと言えばダーティなイメージがあった消費者金融業者側のイメージを改善したいという利害が一致して手を組んだのが、銀行系のキャッシングなのです。

 

大きな銀行も例外ではない

しかも、銀行系キャッシングと言っても、中小規模の銀行や地方銀行などをはじめとする規模の小さい銀行だけではないのです。
最近は銀行の中でも大手、特にメガバンクと呼ばれる銀行でも、消費者金融業者やキャッシング業者と提携をしているのです。

 

利用者からすると、サラ金、消費者金融と聞くと金利が高い、銀行から借入をするというと敷居が高い、審査すらしてもらえないイメージだったのですが、比較的審査も受けやすく、場合によっては低利であったり、普段利用する銀行から返済も借り入れも簡単にできるようになっているのです。

 

このように大手銀行系のキャッシングは銀行やキャッシング業者の利害だけでなくて、私たち利用者の目線から見ても大変メリットがあったのです。

 

審査が不安な人におすすめのキャッシングはこちら