審査に何度も落ちるとどうなる?

審査に何度も落ちるとどうなる?

審査情報はある程度共有されている

 

カード会社の審査に関する情報は、各カード会社である程度情報が共有されています。
そのため、何度も審査に落ちるということが続いてしまうと、その審査で落ちた理由が何であれカード申請を続けている人と思われてしまうため、心証もよくありません。
一般的にカードの審査で落ちた場合、他のカード会社でも半年程度は審査をしても落ちてしまうようです。
そのため、もしカード会社での審査で落ちてしまった場合には次の審査まで半年程度は待つようにした方がよいでしょう。

 

審査は回数を多く申請したから通過することはない

 

カード会社の審査で「多く申請すればいつか通過するのではないか」と思っている方もいるかもしれません。
ですが、現実的には勤務先の情報や収入、家族構成、持ち家かどうか、などの資産など総合的な観点から判断されており、
これらの審査基準は限度額などの差はあるとしても、おおよそどのカード会社でも基準があります。
そのため、審査のための回数を多くすれば、審査が通過するのではないか、という思いこみは実際にはうまくいかないことがほとんどです。
そのため、もし審査に通過しなければ、これらの「カード会社が重視する内容」で改善が見られた時に、1年程度経過してから申し込む方が良いでしょう。

 

審査に何度も落選していると不利な記録となることも

 

カードの審査で、過去に何度も落選している、という記録が残ってしまうと、そのこと自体が大変不利な記録となってしまうことがあります。
これは、カードに記載されている情報が特にあいまいな場合、根拠のない記録を記載する人、としてさらに不利益に扱われてしまうことにつながります。
そのような不利益を被らないためにも、カードで何度も落選してしまわないよう、ある程度条件が整ってから審査を申し込むようにしてください。