返済できないとどうなる?

返済できないとどうなる?

返済できないと金利の上乗せとなる

 

キャッシングで「もし返済できなければどうなるか」という不安を持っている方もいるでしょう。
このような場合、一般的には「延滞遅延金」として金利が上乗せになります。
延滞遅延金は各カード会社で限度額が違うため、それぞれのカード会社の決まりによりますが、キャッシングで借りた時の金利よりも大きな金額の負担となります。
返済していないと催促が続くことになりますし、金利の負担が大きくなってしまいます。
そのため出来る限り小額でも返済していく、という方針を取るようにする方が間違いありません。

 

不払いが続くと利用停止に

 

キャッシングで返済ができない時期が長く続くと、カードの利用が停止してしまうという結果になってしまいます。
これは本人にとっても決して望ましいことではなく、他のカード会社にも情報が共有されてしまうため、大きなマイナスとなることは間違いありません。
不払いの金額や回数など、どの程度の金額でキャッシングの利用停止になるのか、ということは各カード会社によって条件が違いますが、
利用の約款などにも記載条件がございますので、その内容をよく確認をしておくようにすることをおすすめいたします。

 

最終的には訴訟になる可能性も

 

キャッシングの不払いが続くと、最終的には訴訟に発展するという可能性があります。
連絡を取らないなどの方法を取っていると、最終的に資産の差し押さえや給与の差し押さえなどの方法で対応されてしまう場合もあります。
そのようなデメリットを被らないためにも、きっちりと現金の管理は徹底するなどしてトラブルはしっかりと回避するようにすることをおすすめいたします。
無駄なリスクは極力避けるようにすることをおすすめします。