電話での確認が行われます

カードローンを利用するにあたり必ず聞かれることの一つが在籍確認です。

 

在籍確認とはその人が本当にそこに勤めているのかどうかを確認するということになります。
直接確認に行くことはほとんどないのですが、電話での確認は必ず行われます。

 

これは何故かと言うと貸す側としては借りる人の返済能力の有無が大きなウエイトを占めるためですね。当然ですが、返済能力のない人には貸すことはできません。もしも貸すことが可能というところがあったならそれは悪徳金融の可能性すらあるのでご注意ください。

 

あくまでも嘘など偽りを言わなければ問題が無いことでもありますので、嘘などの申請をしても無駄であることは知っておいていただければと思います。頭から疑ってかかられているように感じるかもしれませんが、お金を貸すということはそれだけ貸す側のリスクが大きいものなのです。

 

貸したはいいが返ってこないとなればそうしたサービスの提供自体ができなくなりますし、やってもいけなくなりますよね?キャッシングの性質上、重要になるのはお互いの信頼関係になります。

 

特に親しい間柄でもないところから借りることになるのですから、在籍確認されるのは当然ですし、虚偽があった場合にはブラックリストに載る可能性もあるので、くれぐれもご注意くださいね。

 

公的なブラックリストには載らなくても企業の要注意人物としては載る可能性は十分にあります。ルールを守っている限りにはこうした事態は起こりませんから嘘の申請は絶対に行わないようにお願いします。損をするのは他でもない自分自身ですから今後の為にもそういった行為は避けるようにしてください。