審査で重要な要素

カードローンの審査では勤務年数も重要な要素になってきます。
勤務年数が重要な理由として、安定した収入の有無が判断材料になるからです。
勤務年数が短いとその辺りの判断が困難になるためですね。
つまり、言い換えると勤務していればいいということではないわけです。

 

もちろん、無職に比べれば貸してくれる可能性は高いでしょう。しかし、「安定した収入」というのは働いているからというだけが基準にならないのは常識的に考えて普通の事ですよね。

 

派遣社員だったり、会社が安定しているか否かも安定しているかどうかに関わってくることです。こうした情報から借りる側の信頼度を見極めているわけですね。

 

勤務年数は貸す側から見て最もわかりやすい信頼度の一つであることを覚えておくと良いでしょう。一概には言い切れませんが、長ければ長いほど信頼度が高くなると思っていいです。逆に言えば短いほど信頼性は低いとみなされることが多いですね。貸す側も慈善事業ではないですから当然の事です。

 

借りる側からすれば納得のいかない面も出てくることですが、貸す側として考えたときに少ない情報から信頼性を読み取るのは非常に難しいと言って間違いありません。特に金融業は貸す側にも借りる側にも詐欺が横行しています。だからこそお互いに警戒してしまうのですね。

 

借りる側が返済せずに逃げるようなことがあったらそれも立派な詐欺です。その意味でも貸す側としては慎重にならざるを得ないのです。貸さなければ成立しない商売とは言っても簡単に貸すことはリスクを伴います。そのリスクを少しでも軽減するための審査だと思っていただければよろしいかと思います。