事前審査とは機械的な大雑把な審査

事前審査とは別称仮審査とも呼ばれており、本審査に比べると大雑把な審査になります。
コンピュータなどを使っての機械的な審査など比較的簡単に審査結果が出ることがほとんどです。
基本的な事を審査されるので、大きな問題がなく、基本的な条件がクリアされていればほとんどの場合、問題なく通過できるはずです。
人間が行うのではなく機械的が行いますから、審査に人が関わることもありません。

 

仮審査で落とされる場合は、申し込み年齢に達していない、収入が少ない、勤務年数が短い、他社からの借り入れの多さなどデータでわかる部分で引っかかるケースになります。
誰でもまずこの仮審査から始まりますので、資格がない人はまずここで落とされるわけですね。
申し込み条件をクリアしていてこの仮審査に落ちることはまずありませんが、他社からの借り入れが多い場合でも落とされることがあるのは覚えておいてください。

 

信用情報は業者間で共有されていますから、黙っていれば大丈夫という事はありません。
仮に審査をクリアしたとしても本審査で落とされることになります。
まとめるとあくまでも文字通り最低限のチェックのみを行う機械的な審査方法ということです。
万が一信用情報に問題がある場合は、どこの業者でも同様の対応をされる可能性が高いです。
なので、その場合は信用情報が消えるのを待つしかありませんね。

 

二度も審査があるという事で厳しいイメージがあるかもしれませんが、
仮審査は形式的な部分が大半を占めていますので、実質一回のみ、つまりは本審査のみと思っていて大丈夫かと思われます。
仮審査で弾かれる場合には利用自体が不可能な場合もあります。
信用情報にも問題がなくてそうなる場合は基本的な部分に問題があるという事ですから、もう一度条件を見直してみましょう。