年収の1/3以上の借り入れを制限

総量規制というのは耳慣れない言葉だと思います。
この制度は、2010年の6月に施行されました。
比較的最近のことなので聞いたことが無い方も多いのではないでしょうか。
総量規制は年収の1/3以上の借り入れを制限するもので、賃金業者を対象としております。
そのため、銀行は対象外となっており、総量規制にかかることはありません。
勘違いされがちなのが、金融機関すべてに適用されているという考え方です。

 

しかし、そうではなく消費者金融を中心とした業者に適用されるということなので間違えないようにお願いします。
この制度ができた背景には多額の借金を背負ってしまう人や、多重債務などの問題がありました。
言い換えれば悪質な業者から身を守ってくれる法律であるとも言えます。
銀行などのしっかりした金融機関に総量規制が無いのは信頼できる機関であるからという事でしょう。

 

実際に悪質な金融業者は一時期増加傾向にあり、その被害者も増え続けていました。
その意味においてはこの制度ができたのは当然の事なのかもしれませんね。
とはいえ、銀行では審査が厳しくすぐには対応できないのでは?という意見もあるかと思います。
しかし、大手の三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などでも早ければ即日で
審査が終わるようになっていますので問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

銀行などの公的機関で安全に借りられるならその方がいいですよね。
金利でも銀行が安い場合がほとんどです。
審査基準が厳しくなるデメリットはありますが、悪質な業者の抑制には
一役買っている制度だと言えると思いますよ。
消費者金融も悪質な業者ばかりではなく、しっかりしたところも存在します。
利用者側にも制限がついてしまい、決していいことばかりではありませんが
安全な利用を促進しているのもまた間違いではないのです。