利用者が減る時期が狙い時!

審査に通りやすいタイミングなど無いと思われるかもしれませんが、
実は審査に通りやすいタイミングはあります。
審査基準は金融業者によって異なるものの、基本的な部分は一定になっているのでタイミングなど通常存在しないはずと考える方が多いのですが、
利用者が減る時期には審査が通りやすくなるのです。
銀行などの公的な機関については別としても消費者金融などは通りやすくなる傾向があります。

 

では、利用者が減る時期というのはどういった時期になるのでしょうか?
普通に考えればボーナスなどまとまった金額が手に入る時期ですよね。
そのような時期にわざわざ利用する人はまず少ないでしょう。
なので、企業のボーナス月である6月と12月は狙い目という事です。
逆に通りにくいタイミングについても触れておきますが、いわゆる消費者金融の繁盛期は避けた方がいいでしょう。
利用者の多い繁盛期は審査に時間がかかり、最悪、融資自体ができない事もあるからですね。
繁盛期は5月と8月と言われていますからこの月は避けた方が無難です。
どうしても利用したい場合はこのようなリスクがあることを留意した上での利用をした方が良いかと思います。

 

消費者金融は貸すことで利益を得る形をとっていますから、出来ることなら繁盛期、閑散期関係なく安定させたいはずなのです。
なので、必然として公表はされていませんが、審査に通りやすいタイミングとそうでないタイミングは存在しているわけです。
公に今なら審査に通りやすいですよなどとは言えませんから利用者側が知っておかなくてはならない情報であるという事になりますね。
どのような事にも買い時や狙い目があるものです。
上手く生きていくためにはこうした事を把握しておくかどうかが
カギになりますから知っておいて損はありませんよ。