過去に多額の借金をしていた人

カードローンなどの審査を待つ時間は結構不安なものです。最近は即日審査の消費者金融や信販会社が増えていますが、仮審査が終わるのでは落とされるのではないかと、心配でドキドキするものですどんな人が落とされる?実際にどのような人が審査に落とされるかを調べてみると、過去に多額の借金をしていた人は審査に落とされ...

≫続きを読む

運転免許証がない人

カードローンなどの申込をすると、最近は免許証番号を入力させることが多くなりました。これはクレジットカードでも同様で、運転免許証がないと不利な扱いを受けるのではないかと勘繰りたくなることもあります。しかし、ブログ記事などで運転免許証の有無で審査が変わるかどうかを探してみると、全く関係がないという事がわ...

≫続きを読む

日雇いバイトの人

審査は収入の安定性も大切カードローンなどの審査は収入がキーになります。審査をどのようにしているかは、金融機関ごとにノウハウがあるようですが、審査部門にいた人のブログを見ると、収入金額だけではなく、その安定性もキーになるようです。そのため、銀行では収入が不安定なアルバイトや派遣の仕事の人は審査に通りに...

≫続きを読む

外国籍の人

外国籍の人はカードローンの審査に通らないと言われています。しかし消費者金融の融資案内を見ると、外国籍でも日本に住むことができる人であればオッケーのようです。現実に外国籍の人が日本の銀行などで住宅ローンを利用している例もあります。実状はどうなのでしょうか。外国籍だけで落とされることはないブログ記事を見...

≫続きを読む

破産申告をしたことがある人

自己破産などの経験者は、一般的にカードローンなどの審査に通らないだろうと言われています。しかし、ブログ記事を読むと信じられないことに、自己破産をしたことは官報などに公示されるものの、戸籍でも見ない限り、なかなかわからないようです。個人信用情報機関は5年まで情報が残るブログ記事で真相を確認すると、どう...

≫続きを読む

銀行口座がない人

最近は給料支払を銀行振込にしていることが多いため、働いていて銀行口座を持っていない人は少なくなっています。しかし、人によっては自分の働いた結果である給料は、現金でもらいたいとい人が少なからず存在します。また、銀行を嫌っている人やATMの使用方法が苦手だと言う人もいます。そのような人は銀行などの口座を...

≫続きを読む

公共料金や携帯電話の支払いをちゃんとしていない人

カードローンの審査では個人信用情報機関に照会するので、過去の支払が遅延していたりするとブラックリストとして登録されてしまいます。通常、この登録がされていると審査に通ることは絶対ありません。しかし、借金ではない公共料金や携帯電話の支払をしていない人はどうなのでしょうか。審査に不利になることは基本的には...

≫続きを読む

未成年の人

消費者金融のカードローンなどの説明書を読むと、18歳未満の人は申込自体ができないことになっています。つまりこのような人は審査に絶対通りません。未成年は審査に通るかしかし、18歳以上の未成年であれば、保護者の同意が必要なものの申込が可能です。では審査に通るのでしようか。ブログ記事を読むと、通ると言う人...

≫続きを読む

前科のある人

前科がある人は消費者金融などの審査に通るのでしようか。前科があるといっても色々な原因があります。暴力事件を起こした人もいれば、詐欺で処罰される人もいます。最近は金融機関が暴力団との取引を禁止されているため、これらの人が審査を通ることはありませんし、申込の段階でシャットアウトされることが多いです。前科...

≫続きを読む

高齢者の人

最近は高齢者とはいえ、元気に働いていらっしゃる方が少なくありません。定期的な収入があれば融資をするという消費者金融ですから、どんなに高齢であっても融資ができそうに思えます。70歳前後が限度しかし、実際には年齢的なリミットは存在し、消費者金融によりますが70歳が限度のようです。消費者金融の商品説明書を...

≫続きを読む