日雇いバイトは収入が不安定のため審査が難しい

審査は収入の安定性も大切

カードローンなどの審査は収入がキーになります。

 

審査をどのようにしているかは、金融機関ごとにノウハウがあるようですが、審査部門にいた人のブログを見ると、収入金額だけではなく、その安定性もキーになるようです。

 

そのため、銀行では収入が不安定なアルバイトや派遣の仕事の人は審査に通りにくいと言われており、ブログの記事などを読むとそのことが本当だと分かります。

 

日雇いバイトの人は、仕事内容によっては結構な金額を稼ぐことが多いようですが、仕事が不定期なことも多く、ブログ記事では収入が多くてもお金を貸してくれないとの嘆きの記事をよく目にします。

 

このような記事を見ていると、確かに日雇いバイトの人は審査に通りにくいという事がわかります。

 

レアなケースも

しかし、レアケースではあるものの、このような人が最難関と言われる銀行のカードローンで申込をしていることがあるようです。

 

しかし、銀行側も何も考えずに融資をしているわけではなく、融資限度額は最低限にして金利が結構高いようです。
収入額だけを考えると銀行ではなく、中小の消費者金融ならもっと高い融資限度額をゲットできそうですが、銀行は利便性が高いと言うのがブログ記事の著者の言い分です。

 

絶対に通らないわけではない

確かに、融資は通りにくいとはいえ、絶対に通らないという事はないようです。それであれば、利用も返済もしやすい銀行の方が有利です。融資と限度額が少なければ、使いすぎもないし、給料日などにすぐに返済する癖をつけていれば、利率は高くても利息支払額も多くなりません。

 

日雇いバイトの人は確かに融資の審査では通りにくいことは間違いありません。
最近は無収入の専業主婦にもお金を貸す銀行カードローンがあるほどです。ブログ記事を見る限り、銀行カードローンは穴場かもしれません。