過去に多額の借金をしていた人は落とされやすい

カードローンなどの審査を待つ時間は結構不安なものです。

 

最近は即日審査の消費者金融や信販会社が増えていますが、仮審査が終わるのでは落とされるのではないかと、心配でドキドキするものです

 

どんな人が落とされる?

実際にどのような人が審査に落とされるかを調べてみると、過去に多額の借金をしていた人は審査に落とされやすいようです。
ブログ記事を読んでみると、審査に落とされた人の多くが過去に多くの借金をしていた人のようです。

 

消費者金融などの金融機関は、審査の段階で個人信用情報機関に照会をして、過去の借金の状況を確認しているようなのです。
そのため、過去に多額の借金をしていた人は警戒されるようです。

 

自己破産などの経歴がある人は当然でしょうが、そのような法的な処理をされている人でなくても、借金の返済が遅れたという情報が載っている人は、間違いなく審査に通らないようです。

 

俗にブラックリストと呼ばれる人ですが、返済遅延をしたり、借金が多すぎて返済ができなくなり、返済計画を特別に変えてもらった人は、その旨が登録されてしまいます。このような登録がされると、カードローンなどの借金だけではなく、クレジットカードについても審査が通らなくなるようです。

 

過去に借金があっても返済すれば大丈夫

ただし、過去に多額の借金をしているだけで審査に通らないという事はないようです。
多額の借金をしていてもきちんと返済をしていれば問題はないようで、ブログ記事によっては多額の借金を返済したという履歴は、かえってその人の信用をアップさせるものだとも言われています。

 

芸能人で天文学的な借金をした歌手や俳優が、全額返済してしまったと言う例をよく見ますが、このような人が銀行のカードローンの宣伝に出演しているのを見ると、あながち誤りでもないような気がします。