外国籍の人も日本に住むことが出来る人はOK

外国籍の人はカードローンの審査に通らないと言われています。
しかし消費者金融の融資案内を見ると、外国籍でも日本に住むことができる人であればオッケーのようです。

 

現実に外国籍の人が日本の銀行などで住宅ローンを利用している例もあります。実状はどうなのでしょうか。

 

外国籍だけで落とされることはない

ブログ記事を見ていると、確かに外国籍だと言うだけで、カードローンなどの審査を落とされることはないようです。
ただ、前提として外国人登録証を持っていて、日本国内で働くことができる人が対象のようです。

 

外国人登録証には、勤め先が出ていることが多いようで、仕事をしていることがわかるようなのです。
消費者金融などでは、審査で収入の有無を注意しているようですが、勤務先がわかることは非常に安心できるというブログ記事もありました。

 

つまり外国籍だと言うだけで、カードローンなどの審査に通らないという事はないようです。

 

日本で働いてることが条件

しかし、前提条件として日本で働いていることが必要なのです。

 

このことは、日本人であっても同じことであり、安定した収入がない人にカードローンの融資の審査は下りないのです。ブログ記事を読む限り、外国籍であることがカードローンの審査に不利な影響を与えている様子はなさそうです。

 

現在、日本には多くの外国人の方がいらっしゃいます。観光客の方もいれば留学生の方もいます。ブログ記事を見ると、留学生の方でも日本語を勉強している人はファミレスなどの接客業でアルバイトをしているようです。確かに最近のファミレスでは、見慣れない顔立ちの人が案外上手な日本語で接客をしています。

 

働いていれば収入がありますし、給与振込であることが多いため消費者金融側としてもある程度安心して貸付ができるのでしよう。