破産申告をしてから5年間は情報が残る

自己破産などの経験者は、一般的にカードローンなどの審査に通らないだろうと言われています。
しかし、ブログ記事を読むと信じられないことに、自己破産をしたことは官報などに公示されるものの、戸籍でも見ない限り、なかなかわからないようです。

 

個人信用情報機関は5年まで情報が残る

ブログ記事で真相を確認すると、どうも個人信用情報機関では、自己破産などをすると5年間はその情報が載るものの、それを経過すると消えてしまうようです。
つまり、何もなかった状態になるようです。

 

消費者金融などの審査では、個人信用情報機関に借入状況の照会をします。
その際、俗に言われるブラックリストの確認をします。該当する登録がされていれば当然審査には無条件で通りません。

 

当然自己破産の事績があれば同様です。しかし、その事績が消えていれば審査に通ってしまう可能性があるようなのです。

 

金融機関内では消えない

ただし、他のブログ記事で面白い話がありました。最近の消費者金融や信販会社はグループ化しています。
そのためグループ間では情報の共有をしているようです。

 

個人情報保護の関係上表向きは否定するでしょうが、グループ間のどこかで自己破産による債務免除をしている事績があると、そのデータは決して消えないようです。

 

つまり、個人信用情報機関では5年間で消えても、自分が破産で免責となった金融機関内ではデータが消えないのです。

 

ブログ記事の内容をまとめると、過去に自己破産などをしても、5年経過すると情報が消えてしまうので、必ずしもカードローンなどの審査に通りにくいという話はないようなのです。もっとも、自分が自己破産で借金を帳消しした金融機関などではデータの共有をしていれば、事績は消えないので、審査は絶対に通らないのです。