携帯電話の支払は注意

カードローンの審査では個人信用情報機関に照会するので、過去の支払が遅延していたりするとブラックリストとして登録されてしまいます。
通常、この登録がされていると審査に通ることは絶対ありません。

 

しかし、借金ではない公共料金や携帯電話の支払をしていない人はどうなのでしょうか。

 

審査に不利になることは基本的にはない

ブログ記事読むと、このような人がカードローンなどの審査で不利になることは基本的にないようです。

 

金融機関が照会する情報機関は、あくまで借金の管理をしているだけですから、それ以外の情報は持っていないのです。
そして、借金ではない公共料金や携帯電話の支払をしていない人も普通に審査に通っていくようです。

 

携帯電話には落とし穴が!

しかし、携帯電話の支払については落とし穴があります。
携帯電話は最近端末利用金ゼロ円となっていることが多いようですが、実は利用料金の中で分割支払をしているのです。

 

携帯電話の契約時には多くの書類や説明があるため、そのようなことをいちいち確認している人は少ないでしょうが、携帯電話の利用をしている以上承諾したことになっています。

 

分割払いなので、支払代金は借金の返済です。
つまり携帯電話の支払を滞らせることは同時に借金返済を滞らせていることと同じことなのです。

 

ブログ記事を読むと、このことを知らずに携帯電話の支払だから大丈夫だと判断して、支払をせずに無視していたところブラックリストに載ってしまった気の毒な記事がありました。

 

しかしこのような話も、分割払いの代金が携帯電話代金に含まれているから起きる話です。
基本的に公共料金や携帯電話の支払遅延が個人信用情報機関に届くことはありません。

 

つまり、ブログ記事の通り、公共料金や携帯電話の支払をちゃんとしていない人であってもカードローンなどの審査に通ってしまうことが多いのです。