18歳未満は申込みが出来ない

消費者金融のカードローンなどの説明書を読むと、18歳未満の人は申込自体ができないことになっています。
つまりこのような人は審査に絶対通りません。

 

未成年は審査に通るか

しかし、18歳以上の未成年であれば、保護者の同意が必要なものの申込が可能です。
では審査に通るのでしようか。

 

ブログ記事を読むと、通ると言う人と通らないと言う人が半々のようです。
いずれの場合も大学生で、アルバイトをしていたり大学に行かずに働いている人であり、収入がある人です。そのため、保護者の承諾があれば融資可能という事もあります。

 

大手や銀行は通りにくい

通ったと言う人は、中小の消費者金融などで申込をした人のようです。
大手や銀行で申込をした人は審査に通らないという人が多いようでした。

 

商品説明の段階では、銀行や大手消費者金融でも18歳以上で安定した収入がある人となっています。
つまり、大学生であっても親の承諾があれば融資を受けることができるはずです。

 

しかし、大手は貸倒の際のリスクを恐れたのでしょう。実際に審査担当者のブログ記事では、未成年者は敬遠したいような内容の記事がありました。

 

これに対し、中小の消費者金融では学生だからと敬遠している余裕がないようです。
また、ブログ記事では、古くから学生相手に消費者金融を営業している店舗があり、そのような店舗では顧客に学生が多いそうです。

 

金利は高め

もっとも、学生だから金利を安くするどころか、大手より高いと言われているようです。学割という事はないようですね。
つまり、18歳未満であれば無条件に審査に通らないどころか申込さえできず、18歳以上であれば、申込が可能であり収入などの条件が整っていれば、審査に通るかもしれず、その判断は各消費者金融によるという事のようです。