前科のある人でも審査に通る?

前科がある人は消費者金融などの審査に通るのでしようか。
前科があるといっても色々な原因があります。
暴力事件を起こした人もいれば、詐欺で処罰される人もいます。

 

最近は金融機関が暴力団との取引を禁止されているため、これらの人が審査を通ることはありませんし、申込の段階でシャットアウトされることが多いです。

 

前科があっても審査に通る

しかし、単に前科があるというだけでは審査に通らないという事にはならないようです。

 

債務不履行などにつながる前科であれば、ブラックリストに登録されますから審査に絶対通りませんが、それ以外の情報を個人信用情報機関で得ることはできないようなのです。つまり前科があっても審査で不都合は生じないというわけです。

 

もっとも、前科がある人の多くは、同時にお金でも困っており、消費者金融などでの借入で支払遅延を引き起こしていることが多いようです。
つまり、ブラックリストに載っている可能性が高いわけです。

 

ブログ記事を読むと、前科がありそうな人の記事もあり、お金に困って使用飛車金融の支払を踏み倒して夜逃げしたような記事を見ることもあります。
このようなケースでは間違いなくブラックリストに載りますから審査に絶対通りません。

 

ところで消費者金融などの審査では、心証という項目があると言われています。
特に中小規模の消費者金融では、オンラインの申込ではなく、店頭での審査が少なくありません。

 

職人の勘

俗に言う「貸金屋のおやじ」はそのあたりの判断が的確で、前科者かどうかの判断は勘でわかるといわれています。

 

その場合、相手を見て危ないと思ったらいくら個人信用情報機関のデータ上問題がなくても融資を断るという記事が出ていました。
コンピューター審査全盛の世の中ですが「職人の勘」は健在のようです。