ブラックリストとは

ブラックリストは実際には存在しない

ブラックリストの正体とは

よくキャッシングにはブラックリストがあるとか、ブラックリストに載るとか言われますが、そもそもブラックリストというのは一体どのようなリストなのでしょうか。
そしてそのようなリストは実際に存在し、どこに保管されているのでしょうか。

 

実はブラックリストというのは、存在するかしないかでいうと、存在していません。
でも確かに世の中にはブラックリストなるものがまことしやかにささやかれています。
これは一体どういうことなのでしょうか。

 

ブラックリストとは個人信用情報のこと

例えば借り入れをした場合に、どうしても理由があって返済が遅れてしまったり、返済が滞ってしまったりすることもあるでしょう。
実はこういった場合に登録されているのがブラックリストと呼ばれるリストなのです。
ただブラックリストは存在しないと言ったので、正しくはブラックリストではありません。ブラックリストではなく、個人信用情報と呼ばれる情報なのです。

 

 

3つの団体がある

現在この個人信用情報を取り扱う業者には3業者あって、それぞれ銀行が主に加盟する業者と、キャッシングやクレジットカード業者が加盟する業者と、その他の業者が加盟する団体があります。
これらの業者には先ほどのように遅延や借り入れ状況、個人情報や返済状況に債務整理の有無など様々な個人が取引している金融関係の詳細が登録されています。

 

そしてこういった情報をそれぞれ加盟する業者間で閲覧できるようになっているのが、ブラックリストと呼ばれる情報の一つなのです。
ブラックリストの中でも遅延や債務整理などいわゆる業者にとってもマイナスの情報となる情報を、特にブラックリスと呼んで差別化しているのです。当然こういった情報が一つでも掲載されていると不安要素となり審査は厳しいものになります。

 

審査が不安な人におすすめのキャッシングはこちら