ブラックリストから脱出するには

ブラックリストから脱出するには

ブラックリストに掲載されてしまうケース

 

キャッシングが利用できなくなる理由の一つは「ブラックリスト」に掲載されてしまう、ということです。
これは、カードや消費者金融などの会社が情報を一定程度、共有しているため「問題のある利用者」と判断されてしまうと、カードが使えなくなってしまう、という可能性があります。
ブラックリストに掲載されてしまう方は滞納や不払いなど「事故歴」があることが主な理由となっていますので、
そのようなことがある場合、次の申請までは一定期間を置く、過去の問題を解決してから最低でも半年程度経過してから申請する、などの対応が望ましいといえます。

 

キャッシングで不利益となる場合

 

キャッシングで不利益になる理由として「返済が遅れがち」「過去に借金を踏み倒したことがある」「自己破産、債務整理をしたことがある」などが理由としてあげられます。
これらの場合、その内容にもよりますが5年程度は情報がカード会社に共有されてしまうため、カードを作れなくなってしまう、というデメリットを被る可能性もあります。
このあたりの条件については、十分に御自身がどのような状況なのか、ということを確認して、もし問題があるなら、最低でもこの期間はカードの申請などを控える、などしておく方がよいでしょう。

 

カード会社独自の場合も

 

ブラックリストは、これらのカード会社などで共有されている他に、そのカード会社独自に過去のデータなどをまとめている場合もあります。
この場合、保管年数に特に制限がないため、過去に不払いや滞納などの問題があると、そのカード会社でブラックリストに掲載されているという可能性があります。
ブラックリストに掲載されないためには過去に滞納がある場合、しっかりと返済する、一定期間はキャッシングの申請を自粛するなどして、
経歴でこれ以上不利益にならないようにすることがポイントです。