完済していなくても別の融資を受けられるのか

現在の借入状況を確認しておこう

多重債務にならないように注意

すでにキャッシングを利用している方からの疑問としてよく挙げられているキャッシングに関する疑問があります。
それは完済していなくても、別の業者などからキャッシングより融資を受けられるか否かです。

 

他社でキャッシングしていると難しいことは確か

結論から言うと完済していなくても、融資は受けることが出来るとは思いますが、それはキャッシング業者の判断によるところが大きいです。
しかもすでに借り入れをしている場合にでは既存の借入額が大きく左右し、借入額いかんによっては新規の借り入れはかなり厳しいものとなるのです。
この既存のキャッシングに対して新規キャッシングが可能かどうかカギを握るのが、総量規制です。

 

 

総量規制というのは、借入している方の年収に対して3分の1を超えるような借り入れを業者は許可をしてはいけないといったような法律になっています。
ただしこの場合でいう3分の1には、住宅ローンや事業融資や不動産などの担保融資、車のローンなどは総量規制には含まれません。
こういった法律にも引っかからない程度の借入額で、新規借り入れを希望する場合は先ほども述べたように業者の判断により融資が可能になる場合もあります。

 

新たにキャッシングをするときは慎重に

ただし現在の借り入れも返済し終わらないうちに、さらに新たなキャッシングを重ねるということは、多重債務いわゆる借り過ぎの状態にはまる第一歩であるということは間違いなく、あまりに借り入れがかさむとキャッシング業者も貸してもらえなくなるだけでなく、その既存返済にも追われることになり、最終的には債務整理などをしなければいけなくなる可能性もゼロではないので、借り入れの上に新たな借り入れをするということは、かなり慎重にしなければいけません。