審査に通らない人、その理由

必ず理由があります

複数のキャッシングを利用している方は注意

キャッシングを利用したくても次から次に審査に落ちてしまうという方がいます。
なぜこんなに簡単に審査に落ちてしまうのでしょう。

 

まず一番に考えられる審査に落ちる原因としては、すでに複数のキャッシングを利用している場合です。
例えば現在他社で少額のキャッシングを利用している場合では、複数のキャッシング会社から借り入れをしていることになり、融資をする金融機関の立場からするとまったく信用条件が違ってくるのです。

 

個人信用情報に記載される

さらに、一度に複数の金融会社のキャッシングに申し込みをすると、多重申し込みの事実が最低6か月間は個人信用情報に記載されるのです。個人信用情報とは金融機関が審査の際に参照する信用情報の記録です。ですから、どんなに金銭的に困窮していても、数打てば審査に合格するであろうという考え方は、実は間違いであり、逆に審査の通過を厳しいものにしてしまっているのです。

 

 

また審査の際の書類に関しても、記載ミスがあまりに多い場合や、ましてや書類が虚偽や空欄ばかりですと審査に落ちやすくなってしまいます。
さらに、審査の申し込み時に、他社での支払い遅延がある場合やすでに借入額の合計が年収の3分の1を上回り、総量規制を超えてしまっている場合では融資を受けることはできません。

 

審査に落ちる理由は教えてもらえない

このように、審査に落ちる理由というのはいくつかあるのですが、実際に審査に落ちてしまっている方がいるとすれば、その方が落ちた理由というのは、金融会社の基準によっても異なっていますし、一概にこれで落ちたとは言えません。金融機関も、落ちた理由は教えてくれないのです。

 

審査が不安な人におすすめのキャッシングはこちら