なぜ正社員は審査に通りやすいか

なぜ正社員は審査に通りやすいか

安定収入があることが強み

 

正社員の方がカード会社の審査に通りやすい、ということの理由としての最大の評価ポイントは「安定収入がある」ことにあります。
パートやアルバイト、派遣のお仕事をされている、自営業などの場合には安定した収入がないため、「返済をお願いしても回収できないのではないか」ということが不安要素となるからです。
その点正社員であれば、会社が倒産する、リストラにあうなどの特別な状況でなければそのようなことにはならないため、
正社員の方が安定した収入があると考えられており、審査でも強みになります。

 

 

世間体から返済してくれることが多い

 

正社員の方は仕事が決まっていない方と比べて、キャッシングで金額的な負担が大きくなってしまったとしても、
最終的に踏み倒さず返済してくれることが多い傾向にあります。
これは、結果的に会社に知られてしまい、給与の差し押さえなどのトラブルになることを避けたいという気持ちからもあります。
会社を辞めてまで返済をしない、という方は少ないでしょう。最終的に不払いが続くと、給与の差し押さえ、という最終手段を取れることも、正社員の審査が通りやすい理由になります。

 

身分を保障してくれる点が違う

 

審査の申し込みの段階で、どのような仕事でどのような収入を持っているのか、ということはあいまいになってしまうため、
なかなかその点を対外的に証明することは難しいところがあります。
その点、正社員であれば会社名やある程度の給与などの情報を知ることができるため、信用情報として自営業やパートなどの方よりも信頼があるという強みがあります。
特に、ある程度有名な企業に勤めているといったポイントは有利に働くことになります。