審査とはどのようなものか

個人の信用情報を参照する

審査がわからないと不安

キャッシングを考えている方が一番気になることと言えば、ズバリ審査に関することではないでしょうか。
事実いくらキャッシングを利用したいと思い申し込んでも、審査に通過しなければどんなキャッシングでも利用することすら出来ないからです。

 

審査とはどのようなもの?

では、そのキャッシング利用の要ともいえる審査というのは、一体どのようなものなのでしょうか。
実は、多くの方が審査について誤解しているのです。審査というのは通常、個人信用情報を調べることだけが審査と思っている方も多いかもしれませんが、実は審査というのはそれだけではありません。

 

審査は申込みをするところからはじまっている

まずキャッシングを申込みする時には個人情報を記入した申込用紙を提出すると思いますが、あの書類を提出しているということは実は、すでに一回目の審査を申込者は受けていることになるのです。
その審査は詳しく説明すると審査の前段階いわゆる仮審査と呼ばれるものになります。
その仮審査で合格した方たちだけが、次の個人信用情報を調べる審査へと移っていくのです。
この審査の中でも本審査にあたる審査では、個人信用情報と言って個人の借り入れ状況などを登録している機関で、借入の履歴や返済状況、また申込者自身の収入に対して多重債務になっていないかなどを調査します。

 

 

このような審査をするということは、返済能力以上に借り過ぎていないか、返済はきちんと滞りなく済ませているか、などを見て判断するのは当然のことで、自社が融資をした場合もきちんと返済をしてもらえるかどうかをキャッシング会社が総合的に見て判断をしているのです。
もちろんこの判断基準というのはキャッシング会社によって違うので、一概に審査の可否は判断できません。