キャッシングする前に考えておくこと

キャッシングする前に考えておくこと

過去に事故歴はないか

 

キャッシングが通過しない最大のポイントの一つは「過去に返済などのトラブル」があること、つまり一般的に事故歴がないかということになります。
不払いや、未納、遅延などの記録があると、キャッシングの審査で不利益とされます。
もちろん金額や状況などにもよりますが、事故歴は一般的に5年程度記録として残されてしまいますので、
もし1年以内に上記のような事故歴がある場合、申し込みは1年を経過してからにする方が良いでしょう。

 

現在の借り入れが大きい場合

 

キャッシングに関しては法律で「総量規制」という決まりがあるため、現在、債務が多くある方は、
キャッシングの審査でも通過しない可能性が高いといえます。
この総量規制は、年収の3分の1以上を貸し出さないという原則であるため、
年収200万円の方であれば70万円以上はキャッシング関係の全会社の合算した金額から借り入れすることができない、ということです。
これは各カード会社で情報が共有されているため、借り入れの記載欄を記入しなければよいという問題ではありません。
借り入れ金額が年収の3分の1を超えている場合には、まず返済をしてから申し込むようにしなければ、さらに審査で不利益を受けるだけです。

 

申し込む会社を選ぶ

 

キャッシングの申し込みは、一般的に銀行系のキャッシングの審査が最も厳しくなっています。
そのため、審査に通過したいと思っている方で、過去に多少の遅延などがあり、自分の記録に自信が無い方は、
信販系や消費者金融系のキャッシングに申し込むなどの方法を取るようにすることをおすすめいたします。
会社によって審査条件なども違い、比較的信販系や消費者金融系は審査条件が緩めに設定されているため、これらの会社に申し込む方がより通過率は高くなるといえます。