無職なので審査が不安です

無職は原則融資は厳しい

無職でも審査は可能

通常無職というと、比較的審査の甘いと言われるキャッシング業者であったとしても、門前払いを食らう可能性が高いのは間違いないと言えます。
そのため無職の方は、審査すらしてもらえない、審査が不安だということを考えて、あと少しお金があればなんとかなるという状況を我慢してしまいがちです。

 

たしかに無職に対しては、業者もキャッシングは厳しいですが、可能性というのは実はゼロではないのです。
キャッシング業者というのは本来お金に困っている方に融資するのが目的なので方法によっては、十分に審査はもちろん、融資を受けることも可能なのです。

複数の業者に申し込むことは要注意

ですがここで間違えたらいけないことは、無職でも審査は大丈夫と聞いて、数打てば当たるとばかりに複数の業者に審査を申し込むことです。

 

複数の業者に申し込むということは、場合によってはそれだけ申し込みをしたという履歴が個人信用情報に掲載されるということであり、かえって審査が通過しやすくなるというよりは、逆に審査が通過しづらくなってしまうのです。
また無職ということで申し込みをしても多くのキャッシング業者では、保証人や申し込みに際して共同の立場に立てる方というのを求められるかもしれません。
やはり無職に対する融資というのは、不可能ではありませんが、甘くはないのも現実です。

 

なんらかの収入があれば可能性あり

またどうしても無職の状態で、単独でキャッシングを申し込む必要がある場合には、短期でいいのでバイトやパートをするなど、なんらかの収入があるという風にしておくのは、どうしても必要になってきます。
いずれにしても無職でキャッシングを申し込むというのは、審査が厳しいはもちろん、返済に対してのリスクが高くなるのも、忘れてはならない事実です。

 

審査が不安な人におすすめのキャッシングはこちら