主婦なので審査が不安です

収入があるかどうかがポイント

主婦でもキャッシングは可能

以前から専業主婦といっても、キャッシングを利用しようと考える方は当然いましたし、専業主婦が借り入れをすることは、社会人と比較するとたしかに融資枠は低めではありましたが、変わらず可能でした。
ですがそういった状況が一変することが近年起こりました。
それが総量規制です。

 

専業主婦は総量規制の影響を受けた

実は総量規制で一番大きな影響を受けたのは、社会人でもパートでもアルバイトでもなかったのです。
実は一番大きな影響を受けたのは、他でもない専業主婦だったのです。
では専業主婦が総量規制によりキャッシングでどのような変化があったのでしょうか。
たとえば専業主婦というのは、いわゆる収入のない方がほとんどです。
ですが今までは専業主婦でも申し込みはもちろん融資を受けることも単独で十分可能でした。
ですが総量規制が始まってからは違います。

 

それまでの専業主婦単独の融資は難しい、不可能になり、夫などの許可・同意が必ず必要になったのです。
こうなると当然ですが夫の審査も行われるようになり、夫の審査結果いかんでは専業主婦である奥さんがいくら申し込みをしても、審査の通過は出来なくなったのです。
夫に知られずに融資を受けるということが難しくなってしまい主婦の方がキャッシングを利用するということは不安がいっぱいなのです。
そうです。
専業主婦が申し込みをした場合には、その申込者の審査よりも夫などの審査の方が厳しく審査されるのです。

 

専業主婦ではなく収入があれば単独で審査が受けられる

ですが専業主婦でない場合には、たとえばパートやアルバイトなど何らかの収入源がある主婦の場合にはまた別です。
こういった社員ではないけれど何らかの収入がある主婦というのは、今までと変わらず単独で審査も受けられる可能性が高いですし、もちろんキャッシングを利用できる可能性も審査次第ですがかなり高いと言えます。

 

審査が不安な人におすすめのキャッシングはこちら