一人暮らしがはお金がかかってこの先不安です

一人暮らしはお金がかかって不安

大学生や社会人になり、初めて1人暮らしを経験し、いろんな困難に立ち向かいながら生活していくことになりますが、一人暮らしはお金が物凄くかかります。
親からの仕送りがないと生活していけない方がほとんどです。
学生の頃はアルバイトでしか収入をたてることはできないので親からの仕送りが大きな力となりますし、社会人になっても様々な面でお金がかかってしまいます。
一人暮らしをするにあたり、お金がかかるのは、「食事代」「家賃や光熱費」「交際費」が主となります。その中でも特に、交際費に関してお金を多く費やしてしまう方が多いです。
学生の頃は実家から通っていたが、社会人となり都会で1人暮らしをすることになったFさん(男性/20代)は、家賃の高さと上司や取引先とのお付き合いでお金を使ってしまうという日々が続いており、貯金がすることができないという悩みを抱えています。
今はまだ20代なので貯金しなくても良いと思っていたが、徐々に貯金していかなければいざ結婚する際に困ってしまうと友人から聞かされ、焦っているということでした。
確かに、男性の結婚適齢期は30代となっていますが、20代のうちから貯金をしていた方が将来安心して暮らすことができます。
かといって、一人暮らしをしながら貯金をすることは難しいと感じている人が多いのです。
けれども、収入が少ないから貯金することはできないと思っている人は大間違いです。収入が少ない人でも自分の欲を抑えて、やりくりしている人はいます。
携帯電話や光熱費というような固定費は自分次第で節約することができますし、毎日のお昼ご飯を自分でお弁当をつくることで食費をいくらか浮かせることはできます。
例えば、毎日150円のペットボトルを購入し飲んでいるとすれば毎月4650円、飲み物に使っているのです。
水筒を持参するだけで約5,000円節約に成功し、それを貯金に回すことができます。
一人暮らしはちょっとした行動で大きく節約することができ、不安を取り除くことができるということを知るべきです。