結婚を考えているけれど金銭的に不安です

結婚にもお金が必要

OL業をしているAさん(20代)は、3年付き合った彼との結婚を考えていました。
しかし、結婚するということになるといずれは子供が産まれ、養育費がかかってしまい、今の2人の年収ではどうしても不安要素が残ってしまうことから結婚に踏み込むことができずにいたのです。
彼と結婚したいけれども将来のことを考えるとお金の不安の方が大きくなり、結婚できないというカップルは結構多いです。
Aさんのように20代の人はまだ時間があるので焦る必要もありませんが、女性は出産できる年齢が限られているため、30代は真剣に結婚について考えます。
金銭的に不安な部分はあっても出産までの時間がない場合、どうすれば良いのか混乱する人も少なくありません。そのような場合は解決策はあるのでしょうか。
金銭面で結婚に踏み切ることができないカップルに大事なのは、「年収の見方」です。
現在、日本人の年代別の平均年収はどのくらいになっているのか、きちんと把握している人はあまりいません。
30代男性の平均年収は300万円〜500万円が1番多く、パーセンテージの半分である約50%を占めています。つまり、月収30万〜40万です。
女性が思っているより、全国的にみると男性の年収は少ないということが分かります。
年収が1,000万円ないと結婚しても上手くいかないと考える人が多いようですが、年収300万〜500万でも子供を産み、充実した結婚生活を送っている人はいるのです。
結婚をすると2人の年収がひとつになるわけですから、1人暮らしをしてきた分、年収は上がります。
2人でしっかり金銭面の不安について話し合い、お互いが解決していくように行動していくことが大事です。