老後の生活が不安

お金がかかる老後の不安

「老後生活についてどう思いますか」と100人に尋ねてみたところ、約80人が「不安」と回答しました。
少子化が進んでいる日本は、将来年金を受ける人が増えてくることから税金を増やし、何とか対策をしていこうと考えています。
歳をとるたびに病気にかかる可能性が高くなり、老後生活をスムーズにするためには年金だけでは賄うことができないと実際に年金で生活している人たちの多くが言っています。
現実がこのようであれば、もちろん今働き盛りの若者たちも不安が募るはずです。
●老後にかかるお金
老後生活のスタートは社会人生活の終わりとともにやってきます。60歳〜65歳の間から老後生活をスタートさせる人がほとんどです。
もちろん、老後生活は収入がまったくありません。
今まで必死に貯めてきた貯金と年金のみで生活をしていかなければならないのです。
子供たちが独立し、教育費がかからない分出費は減りますが、住宅ローンといった借金があれば月々、貯金と年金から支払っていかなければなりません。
老後にかかるお金は夫婦2人合わせて、約2,000万〜3,000万円となっています。
非常に高額な費用であり、簡単に貯金できる金額ではありません。老後生活を安心して暮らしていくためには次のポイントが大事です。
●できるだけ早く貯金を始める
老後生活のために、できるだけ早く「貯金」を始めることが重要となっていきます。
20代のうちから老後の不安を抱えている人も多く、実際に老後用の貯金を開始している人もいます。20代は早いと感じるかもしれませんが、できるだけ早い方が良いのです。
早いうちに貯金を開始しておいた方が多く貯めることができますし、老後生活をより充実した生活にすることができます。
老後の生活が不安だと感じる人は今すぐに貯金を始めて下さい。